• 高濃度酸素水の定義と製造方法

    高濃度酸素水の定義は何でしょう。



    水道水にも酸素が含まれています。
    普通の水道水の酸素量は4~7ppmです。


    高濃度酸素水は80~150ppmです。

    驚くことに水道水の30倍もあります。普通の酸素水に対しては、この中には40ppmほどの酸素が含まれています。


    高濃度酸素水の半分です。
    その製造方法に関しては、まず原水を特別なセラミック充填装置の中に入れます。

    24時間、ナノレベルの酸素を入れながら循環させます。

    そうすると遠赤外線の作用によって水の分子がナノ化します。
    その分子の中に酸素を溶かします。
    これが製造方法です。


    水の分子の中に酸素を入れてあるため、そのボトルのキャップを開けても酸素が抜けません。

    一方、原水をボトリングした後、酸素を酸素ボンベから直接入れるという製造方法もあります。

    高濃度水素水と高濃度酸素水の違いについては、どちらも活性酸素を除去する強い働きがあります。


    酸素水を飲むと体の中に活性酸素が生じると思う人も多いでしょう。

    Weblio辞書の情報を探すならこちらです。

    反対なのです。
    くわしく説明します。

    活性酸素はO1で酸素水のOをもらってO2つまり酸素になって、無害になります。
    また、O1にH2つまり水素水が付くとH2Oつまり水となって、同じように無害になるのです。

    本当に役に立つナノバブル水の知識が身につきます。

    現代人は空気中の酸素量の減少などで酸素が不足しがちです。


    喫煙や飲酒、高カロリー高脂肪の食事運動不足など、生活習慣などによっても酸素が不足しがちです。

    高濃度酸素水で補いましょう。

  • 最新考察

    • 一般に流通されているミネラルウォーターや水道水にも酸素は含まれていますが、その酸素の濃度を高め、高濃度に含有した水を高濃度酸素水と呼びます。現在では主に飲料用と化粧水として使用され、疲労の回復や美容に効果があるとして用いられている水になります。...

  • 笑顔になる情報

    • 人間の体にとって酸素はとても大切なものです。ただ、あまり美容に良いとは思っていない人も多いのではないでしょうか。...

  • びっくり!

    • 現在、日本では様々な酸素水が販売されています。日本産のものから外国から輸入したものまでたくさんの種類を手にすることができます。...

  • 酸素水に興味ある方へ

    • 最近、販売されている水は自然水、山の水だけでなく「高濃度酸素水」または「高濃度水素水」と言ったものがあります。現在多くの人に愛されている「高濃度酸素水」にはどのような魅力があるのかまとめてみました。...