2018年10月3日

今の時代のおせちについて

古くから日本人は、お正月にはおせち料理を食べることが一般的でした。

多くの家庭では手作りのおせち料理が並び、一家揃ってお正月にはゆっくりと楽しんだものです。今の時代は家族数が減り、お正月に大勢が集まって料理を食べる習慣が薄らぎつつあります。おせち料理に興味をもつ人とそうでない人と、生活や好みの違いで様々となっています。

今でもこの時期には必ずおせち料理を作る人達は多くいます。自宅で煮た黒豆は市販のものとは大違いに美味しく出来るものです。一度に食べることよりも、少しおいて味わうと味がよくいきわたり、より美味しく感じるようなものがお正月のメニューです。

自宅で作ることが好きで、お正月料理に興味がある人達は年中行事として続けていくことは有意義なこととなります。まとまったお休みがとれるお正月には、少し楽をしたいと思う人達も多くいます。

家でお料理をする時間に別の楽しみをしたい人達は、この時期に味わうものは手作りのおせちでなくても良いのです。最近はデパートや専門店などでお正月料理を購入することが出来ます。

有名シェフが作った料理や一流ホテルの味をお正月に味わってみることも良いことです。外へ出かけにくい高齢者の家庭では、こういった料理を購入することで、この時期らしい雰囲気を味わうことが出来ます。

それぞれの生活や好みに合わせて、お正月の食べものは準備することが大切です。あまり無理をせず、そうかといってこだわりがある人達はこの時期ならではの料理に腕を振るうことも必要なことです。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です